カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

             

 定休日が木曜日の為、曜日必着!のご注文はお受け出来ませんのでご確認ください。

 ROKKOGARDEN〒657-0051神戸市灘区八幡町2-6-16 (10:00〜18:30)

  phone&fax:078-843-1082  定休日:曜日

   お問い合わせは コチラ から 

   

水揚げ方法

rose.p花の水揚げ方法は、種類によって少し違います。

  でも、基本的には・・・・

  • 水に浸かる部分の葉を落とす
  • 新聞紙で花を包みます(これは水分の蒸発を防ぐ為ですね)
  • 水の中で、茎を斜めに切る→断面部分が広くなります

rose.p水が揚がりにくい冬などは「湯揚げ」といって、茎の先をお湯に浸   

   けるのですよ。

★カスミソウ、クジャクソウ、アスター、などの茎の細い花の水揚げにはこの方法を使います。

rose.p例えばバラの水が下がった場合は、少し乱暴ですけれど茎の先を

   火で焼きます(長く焼くと燃えてしまうのでご注意してくださいね)。

   この後、深水に即浸けます。新聞紙で葉を包むこともお忘れなく。

rose.p枝ものなどは、まず茎を叩いてちょっと潰します(可哀想?)

   おウチで生ける時は、切り口に十文字を入れると水が下がりにくいで

   すよ。

次回は「花を長持ちさせる豆知識」です。これから随時、観葉植物の管理法、植え替え、シクラメンやポインセチアの管理法なども、更新していきたいと考えています。

ご質問・・「こんな時どぉするの?」などは、コメントにてお知らせ下さいね。知識?の引き出しからスルスルお答えしたいと思います(ホントカナ?)どうぞ・・お楽しみくださいね〜。

ページトップへ